セミナーバナー0909.png

セミナーへのお申し込み

≪セミナー内容≫

≪セミナー内容≫

【  コロナ禍における薬局タイプ別 成功事例セミナー 】
アンケートで96%の方が「大変役に立った」とお答えいただいた9/2セミナーのパワーアップ版です。 
セミナーで頂いた新規患者獲得の詳しい解説も追加し開催いたします。

新型コロナ感染症の影響の中、LINEやSMSなどの非接触ツールを活用した患者サポートが注目されています。対面での患者サポートが難しい今、薬局からの新しい非接触サービスが、特に新規患者獲得の成果に表れています。また、これからの薬局のあり方のロールモデルとなる地域連携薬局を見据えたSDGs経営も考えていく必要があります。本セミナーでは、先進的な取組をされている薬剤師先生をお招きし、実例を具体的に解説いただきます。


🟦第1部(登壇者:たま調剤薬局 瀬戸口先生、オーラム薬局 武先生、エール薬局 中里先生)
・LINEを活用し、新規患者を増やした取り組み手法
・医師から直接聞いた服薬情報提供書へのリクエスト
・LINE友だちから、かかりつけ加算と服薬情報提供料算定を増やした取り組み手法
・地域連携薬局申請やってみた~具体的な申請内容についてのポイント解説


🟩第2部(登壇者:イントロン株式会社 鎌田先生)
・LINE友だち数がもたらす経営へのインパクト
・LINEで物販事業収益が急上昇した理由
・SDGs経営としての「地域連携ワークショップ」から在宅医療の獲得へ

有限会社 たま調剤薬局

取締役 管理薬剤師

瀬戸口 達人 氏

第一薬科大学卒業
卒業後、横浜市の調剤薬局勤務
平成15年に現在のたま調剤薬局へ転職
平成31年12月に取締役へ就任
在宅医療の推進、高齢者や認知症の方が安心して住める街づくりへ向け、
他職種の方、地域の方たちと協力して地域から必要とされる薬局を目指しています。

オーラム薬局 管理薬剤師

武 広基 氏

 

明治薬科大学を卒業後、ドラッグストア勤務をへて2014年より独立開業して現職。
ドラッグストア勤務時は、OTC販売部門の管理薬剤師と3年半、調剤薬局の薬剤師として4年間勤務。
調剤薬局勤務時は介護施設担当として2年間トレーニングをした後、事務なし1人薬剤師薬局の管理薬剤師として勤務。
現在も薬剤師として現場対応を行う。

エール薬局 薬剤師

中里 昭善 氏

東京薬科大学を卒業後、病院、調剤薬局、ドラッグストア勤務をへて2018年より現職。
ドラッグストアでの勤務では、調剤薬局部門のマネージャーとして5年間勤務し、在宅医療の推進、調剤過誤などのリスクマネジメントの管理を担当。
現職では、大手介護施設の薬局切り替えをはじめとした在宅医療、外来調剤、薬剤師向けのアプリ開発に従事。

イントロン株式会社
ITシステム部 部長 薬剤師

鎌田 悠 氏

城西大学を卒業後、大手調剤薬局、家業の薬局をへて2016年よりイントロン株式会社に入社。
家業の薬局では調剤業務や在宅業務、アプリ開発、M&Aを経験。
イントロンでは地域ラウンダーとして入社し、エリアマネージャーを経てITシステム部を発足。
現在は、薬局向け業務支援ツールの開発やECサイト運営、社内研修などに従事。