20211005_地域医療連携セミナーバナー.png

セミナーへのお申し込み

【  地域連携薬局 申請方法解説セミナー 】

 本年8月より開始されました「地域連携薬局」認定制度は、「患者のための薬局ビジョン(2015年) 」において示された、今後の薬局に求められる機能が具体化されたものになります。


入退院時の医療機関との情報連携や、在宅医療等に地域の薬局と連携しながら一元的・継続的に対応できる認定薬局は、自治体が予算を組んで医療や介護の支援・体制づくりに取り組む場合などに活用される予定です。


本セミナーは、9月2日に開催し好況を博した小規模薬局向け経営成功事例セミナーの中でも特に大きな反響をいただいた部分をさらに充実させた内容です。


ご登壇いただくのは、8月を待たず事前申請を行い8月1日からの認定を受けられた東京都品川区の個店薬局「エール薬局 中里先生」です。中里先生には、申請に必要な具体的ポイントの解説の他、認定基準適合表4番、5番の月平均30回をLINEを活用することでクリアする手法も解説いただきます。
日々の業務でお忙しい中、薬局経営者様の情報取集の一助となれますと幸甚でございます。


🟦こんな方におすすめ
・地域連携薬局申請の具体的な方法が知りたい
・申請で気を付けるべきポイントをあらかじめ押さえておきたい
・月30回のクリア方法を知りたい

🟦開催概要

  • セミナー日時:10月13日(水)19:30~20:30  ※入退場自由

  • 参加費用:無料

  • セミナー実施方法:Zoomによるオンライン開催(ご案内のため下記メールアドレスご記入ください)

  • セミナー参加特典:地域連携薬局申請手順マニュアル、LINE活用事例集をプレゼントいたします。

エール薬局 薬剤師

中里 昭善 氏

東京薬科大学を卒業後、病院、調剤薬局、ドラッグストア勤務をへて2018年より現職。
ドラッグストアでの勤務では、調剤薬局部門のマネージャーとして5年間勤務し、在宅医療の推進、調剤過誤などのリスクマネジメントの管理を担当。
現職では、大手介護施設の薬局切り替えをはじめとした在宅医療、外来調剤、薬剤師向けのアプリ開発に従事。