top of page

<シリーズ第二回>
【患者費用負担、どのように説明しますか?】加算算定による患者費用負担への説明方法を公開

電子処方箋ビルドアップ11第一回_edited_edited_edited_ed

2022年度報酬改定の評価体系の見直しによって、調剤料の一部が薬学管理料に再編され、対人業務の評価のシフトが進んでいます。また、2024年改定に向けての議論もされる中、当セミナーでは、次回の改定に向けて取るべき加算項目を見直し、返戻なく請求するポイント、更に患者様への同意、費用負担に関しての説明方法を実際の事例をもとに具体的なノウハウ・ハウツーを公開いたします。是非、今後の薬局経営にお役立ていただければ幸甚に存じます。

■開催日程(全3回)
第1回 12月7日(木)・8日(金) 19:30〜20:00
【取りこぼし事例多数、今やるべき71項目の加算見直し】
〜トリプル改定の動向に応じた、診療科別加算獲得ハウツー公開〜

第2回 12月12日(火)・13日(水)19:30〜20:00
【患者費用負担、どのように説明しますか?】
〜加算算定による患者費用負担への説明方法を公開〜

第3回 12月14日(木)・15日(金) 19:30〜20:00
【加算が増えない、レセプト返戻の事例と対策】
〜返戻されないレセプト請求(適要欄記載)事例を限定公開〜

■参加特典:「2024年 新制度対応版 加算取りこぼしチェックリスト」

bottom of page