top of page
電子処方箋ビルドアップ11第一回_edited_edited_edited_ed

財務省と厚生労働省は2024年度の診療報酬改定で、特定の医療機関からの処方箋が大半を占める調剤薬局の高額な報酬を下げる方針です。財務省は集中率70%以上の門前薬局に対して、調剤基本料を420円から260円へ一律に減額すべきだと主張。その場合の医療費の削減効果は400億円になると試算しています。
既に対策を行っている薬局は報酬改定後も安定した売上を実現できる一方、何も対応しなければ売上は減少。廃業に追い込まれてしまう薬局も出てくるでしょう。そこで、改定後も安定した収益を実現するために必要な対策を徹底解説いたします。早急の対応が必要になりますので、是非この機会にご参加ください。

■セミナーコンテンツ
✅集中率を改善して年利1,600万円アップした方法
✅新規集患を実現する秘策
✅地域支援体制加算獲得ロードマップ

■無料特典:【全71項目】加算取りこぼしチェックシート




bottom of page