top of page
電子処方箋ビルドアップ11第一回_edited_edited_edited.pn

日本における人口動態を見ると現役世代 生産年齢人口 の減少が続くなか、「団塊の世代」が 2022年から75歳後期高齢者へ突入、その後も2040 年頃まで 65 歳以上人口の増加が続くなかで、全国での在宅患者数は 、 2040年以降にピークを迎えることが見込まれます。

当セミナーでは、 J-HOP(一般社団法人 全国薬剤師・在宅療養支援連絡会)にて評議員のメディプレイス365訪問薬局 佐々木健氏をお招きし、地域支援体制加算に関する施設基準でもある、今後の薬局における在宅支援を強化するために、「24時間365日対応」や「緩和ケア対応」「地域医療機関との連携」に関して具体的な仕組みづくりのポイントを事例をもとに解説いただきます。




bottom of page