top of page

これぞ薬局DX!テクノロジーを活用して患者満足度を向上させる方法

最近、テクノロジーの進歩とデジタルの力が、私たちの日常生活のあらゆる部分に影響を与えています。


ショッピングから食事、エンターテイメントから勉強まで、ほとんどの活動は何らかの形でデジタル化され、テクノロジーの力を利用しています。


薬局業界も例外ではありません。


対物から対人へと薬剤師の業務が変化している今、新たな技術は薬局の運営を支え、より便利かつ効率的な方法でサービスを提供するための道を開いています。


それでは具体的に、どのようにデジタル化とテクノロジーが薬局のビジネスに変革をもたらすのでしょうか?そして、これが患者満足度を向上させるにはどのように役立つのでしょうか?

患者満足度が高い薬局の風景

オンラインでの処方箋受付


現代の消費者は、自分の時間を最大限に活用する方法を常に探しています。


特に、自分のスケジュールに合わせてサービスを受けることができれば、そのビジネスは顧客にとって魅力的なものになります。


現にとある調査では、薬局を利用した患者100名に「調剤薬局をどのような基準で選んでいるか」を聞いたところ、第一位は「待ち時間が短い」という回答でした。


この点から考えると、薬局が待ち時間を短縮するためのサービスを導入することは非常に理にかなっています。


サービスの導入により、患者は自分の都合の良い時間に薬を受け取ることができる他、薬局での待ち時間を短縮することができ、患者満足度の向上につながります。


また、薬局側も待ち時間による患者からのクレームを回避することができたり、薬が不足している場合の事前連絡、医師への疑義照会など、業務を効率的に進めることができます。


電子処方箋の導入


2023年より開始された電子処方箋。


患者の処方履歴をデジタル化することは、薬剤師が患者のお薬データを正確に把握し、更なる健康増進につなげるための重要なステップです。


電子処方箋管理サービスでは、病歴、アレルギー情報、以前に処方された薬、現在使用中の薬など、重要な医療情報を一元化し、必要に応じてデータの照合を行うことができます。


これにより、薬剤師は適切な医薬品の提供や相互作用の警告を行うことができ、患者の健康と安全を守るのに役立ちます。


薬局でのツール活用

モバイルアプリやツールの活用


スマートフォンとモバイルアプリの普及により、患者は様々な情報へのアクセスを持つことが可能になりました。


薬局がモバイルアプリやクラウドツールを導入すれば、患者は自分のお薬の履歴を確認したり、処方箋の情報を薬局に送信したり、健康に関する情報を取得したりすることができます。


さらに、プッシュ通知を使用すれば、薬の受け取り予約時間や健康グッズの販売情報などを患者に自動的にリマインドすることも可能です。


これにより、薬局は患者とのつながりを深め、そのニーズに即時に対応することが可能になります。


AIチャットボットの導入


AIチャットボットは、患者からの基本的な質問に24時間対応し、薬剤師の作業負荷を軽減する強力なツールです。


チャットボットは、よくある質問に対する答えを提供し、薬局の営業時間や定休日などの情報を提供するなど、薬剤師が行う一部のタスクを自動化します。


さらに、チャットボットは営業時間外でも患者からの質問に答えることができるため、薬局のカスタマーサービスを大幅に改善します。


テクノロジーとデジタル化の力を活用することで、薬局は患者のニーズに対応し、その満足度を向上させることが可能になります。


これらの方法を適用することで、薬局は患者に対するサービスの質を高め、その競争力を維持することができます。


これぞ薬局DX!テクノロジーを活用して患者満足度を向上させる方法


では、既存の薬局業務の中に、どのようにテクノロジーを取り入れて行けばよいのでしょうか。


これぞ薬局DX!テクノロジーを活用して患者満足度を向上させる方法とは。


まず、全ての薬局にオススメかつ取り入れやすいのはLINEです。


LINEは、もはや日本国内において「生活インフラ」のひとつと言っても過言ではないほど暮らしに根付いたものとなり、患者・薬剤師の多くも、利用している方が多いのではないでしょうか。


中でも、企業や個人がビジネスにおいて活用できる「LINE公式アカウント」は無料で気軽にアカウントの開設を行うことができ、デジタル活用に不安のある方でも取り入れやすいツールです。


あなたの調剤薬局を活用する薬剤師

LINE公式アカウント+あなたの調剤薬局


また、薬局向けの業務支援ツールである「あなたの調剤薬局」とLINE公式アカウントをあわせて活用することで、処方箋のオンライン受付(電子処方箋含む)や、AIチャットボットの活用、健康に関する情報の発信なども簡単に行うことができ、LINEの操作や活用についても専任の担当がサポートしてくれます。


デジタル化とテクノロジーの取り組みを全力で推進することにより、薬局は次世代のヘルスケアサービス提供者としての位置を確立できます。


同時に患者はこれらの変革を通じて、よりパーソナライズされ、効率的で利便性の高いサービスを享受することができるようになります。


薬局経営者や薬剤師の皆さん、今後の薬局ビジネスにおけるデジタル化とテクノロジーの可能性について考え、対応策を練っていきましょう。


これが顧客満足度の向上につながり、結果的にはビジネスの成功へとつながることでしょう。


薬局におけるLINEの活用方法や、薬局向けクラウドツール「あなたの調剤薬局」は下記記事でも紹介しています。


せひご覧ください。


薬局がLINEを使ってできること▼


「あなたの調剤薬局」導入薬局の成功事例▼



Kommentare


bottom of page