top of page

エコフレンドリーな薬局経営ー環境に優しい経営を目指すためのステップ

はじめに


気候変動、プラスチック廃棄物、資源の枯渇…。環境問題は年々深刻化し、私たち一人一人、一企業一企業が責任を持つ時代です。


特に、薬局は多くの製品やサービスを提供する場所であり、一企業としてもエコフレンドリーな取り組みが重要です。


この記事では、環境に優しい薬局経営のための具体的なステップをご紹介します。


持続可能な包装


環境に優しい材料の選定

薬や商品の受け渡しに使用する袋を有料としている薬局も増えてきましたが、使用する場合においては通常のプラスチック袋や包装材ではなく、リサイクル素材や生分解性の素材を選ぶようにしましょう。


事例紹介

国内で持続可能な包装を導入している薬局が増えています。これによって、CO2排出量の削減に貢献しています。


エネルギー効率の高い設備


省エネ化の方策

LED照明の導入や、エネルギー効率の高い冷暖房システムを使用することで、エネルギー消費を減らします。



リサイクルプログラム


リサイクルの推進

使用済みの備品や紙製品を集め、可能な限りリサイクルに回しましょう。


グリーンプロキュアメント


サプライヤーとの連携

健康関連グッズなどにおいては、環境に配慮した商品やサービスを優先的に選ぶことで、エコフレンドリーな薬局として患者さんからも人気がでるでしょう。


まとめ


環境に優しい経営は、社会的評価はもちろん、長期的には薬局自体の業績にも寄与します。


そして、「あなたの調剤薬局」を用いることで、業務の効率化や患者さんとのコミュニケーションの促進が図れ、これらのエコフレンドリーな取り組みをより効率よく周知でき、促進することができるでしょう。


気になる方はぜひお問い合わせください。



bottom of page