人工知能エンジンを用いたデータ解析を行うAI企業株式会社FRONTEOとの業務提携を合意

2022年4月14日


投薬後フォローのAI解析により、薬局と患者により良い健康価値を提供



健康サロン株式会社(代表取締役:坂井義尚、住所:東京都目黒区、以下健康サロン)と、株式会社FRONTEO(本社:東京都港区、代表取締役社長:守本正宏、以下FRONTEO)は業務提携に関わる契約を締結することを合意いたしました。

健康サロンは薬局が取り組む投薬後フォローのを実効性を高めるべく、自然言語処理に特化した独自開発の人工知能エンジン(AI)による情報解析支援を提供するFRONTEOとの提携により、「あなたの調剤薬局」のさらなる新規サービス創出をめざします。


■FRONTEOについて

このたび業務提携するFRONTEOは、人工知能(AI)を活用したデータ解析ソリューション企業です。

同社が提供するAIエンジン「Concept Encoder(商標:conceptencoder、読み:コンセプト・エンコーダー)」は、量が膨大であるがゆえに活用しきれていない、記録(文書、テキスト)の価値に着目し、解析することで、AI によって人の判断を支援し、業務効率化やデータを知見に変えるサー

ビスを提供しています。


■業務提携の内容

健康サロンは、FRONTEO社が有する優れたAIエンジン技術と、健康サロンの薬局と患者のコミュニケーションサポートツール「あなたの調剤薬局」を組み合わせることで、適切な投薬後フォローの実効性を高めるために薬局と協力して患者のコンプライアンスの向上を支援できるものと考えています。

薬剤師と患者とで交わされるコミュニケーションには、服薬状況や治療満足度、副作用情報などの重要な情報が含まれている一方、テキストを中心とした非構造化情報であることから、現状では十分な解析や活用がされていないのが実情です。そこで本提携により、FRONTEOのAIエンジンを活用することで薬局と患者のコミュニケーションから患者の顕在化していないニーズや悩みを解析し、情報を最適化することで、様々な疾患を抱える患者に固有の健康価値を提供するより良いヘルスケアサービスの創出に向けた取り組みを行います。

今後はこうした双方のシナジーから、調剤薬局の患者対応の充実やサービス品質を向上させることで、地域生活者に関わり、気軽に相談でき、問題解決できる「患者のための薬局ビジョン」を実現するための新ソリューションの開発にも着手してまいります。


■健康サロンの「あなたの調剤薬局について」

調剤薬局向け業務支援クラウドサービス「あなたの調剤薬局」は、LINE連携による投薬後フォロー、処方箋予約の他、各種電子お薬手帳ともサービス連携可能な、薬剤師と患者のコミュニケーションを支援する投薬後フォローアップ自動システムにより、薬局・薬剤師の業務効率化・業績向上を実現しています。

https://www.yppp.info/



■株式会社FRONTEO

自然言語処理に特化した自社開発AIエンジン「KIBIT」と「Concept Encoder」、「Looca Cross」を用いて膨大な量のテキストデータの中から意味のある重要な情報を抽出し、企業のビジネスを支援するデータ解析企業。2003年8月の創業以来、企業の国際訴訟を支援する「eディスカバリ(電子証拠開示)」や「デジタルフォレンジック調査」などのリーガルテック事業をメインに、日本、米国、韓国、台湾とグローバルに事業を展開。同事業で培ったAI技術をもとに、2014年よりライフサイエンス分野、ビジネスインテリジェンス分野、経済安全保障へと事業のフィールドを拡大し、AIを用いて「テキストデータを知見に変える」ことで、創薬支援、認知症診断支援、金融・人事・営業支援

など、様々な企業の課題解決に貢献している。

2007年6月26日東証マザーズ(現:東証グロース)上場。2021年1月第一種医療機器製造販売業許可を取得(許可番号:13B1X10350)、同9月管理医療機器販売業を届出(届出番号:3港み生機器第120号)。資本金2,973,975千円(2021年3月31日現在)。

https://www.fronteo.com/




最新記事

すべて表示

健康サロン株式会社は、この度経済産業省が主導・支援するIT導入補助金2022の「IT導入支援事業者」として、また、「あなたの調剤薬局」がITツールとして採択されました。 ■通常枠(A・B類型) IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。 自社の置かれた環境か