top of page

服薬期間中フォローアップの重要性

薬剤師としての業務は、当然ですが単に薬を渡すだけではありません。患者さんの健康を守る重要な役割を担っています。


特に、義務化された「服薬期間中のフォローアップ」は、その重要性が話題になることも増えており、患者の健康状態の維持において決定的な役割を果たします。


服薬コンプライアンス・アドヒアランスの課題

多くの患者が、処方された薬の正しい服用方法や治療計画を守らないことがあります。


この「コンプライアンス・アドヒアランス」の低さは、治療効果の不十分さや健康リスクの増大を引き起こす原因となります。


またここで薬剤師の役割が重要になるのです。


効果的なフォローアップ方法

  • 定期的な連絡: 服薬期間中の患者には定期的に連絡を取り、服薬状況を確認しましょう。

  • 教育プログラム: 薬の正しい服用方法や重要性を教育するプログラムを提供します。

  • デジタルツールの活用: リマインダーアプリやオンラインプラットフォームの活用を紹介し、患者の服薬をサポートします。

フォローアップの利点

服薬期間中のフォローアップには以下のような利点があります。

  • 治療効果の最大化: 正しい服薬により、治療効果を最大限に引き出せます。

  • 副作用の管理: 副作用や体調変化の早期発見と対応により、患者の安全を確保できます。

  • 信頼関係の構築: 定期的なコミュニケーションにより、患者との信頼関係を深めることができます。


患者ケーススタディ

「あなたの調剤薬局」が持つ独自のデータでは、ハイリスク薬を服用している患者のうち、約4%の割合で服薬期間中に副作用などの異変が起きています。


またさらに、ハイリスク薬以外の患者においても、約15%の割合で副作用や残薬、体調変化などの問題が起きていることがわかっています。


「あなたの調剤薬局」で挑戦と解決

時間やリソースの制約、患者の服薬アドヒアランスの低下など、フォローアップに伴う課題も多い中、強くオススメしたいのは、ITツールを活用した服薬期間中フォローアップの実施です。


特に調剤薬局向けのクラウドツールである「あなたの調剤薬局」では、薬歴と連動して全投薬患者に服薬期間中のフォローアップを自動で実施することができます。


その中で、問題が起きたケースだけをシステムが可視化し、個別で薬剤師がさらなるフォローアップを行うことで、患者の健康維持はもちろん、信頼関係の向上に寄与します。


また、服薬期間中フォローアップの取り組みを強化したことで、かかりつけや、服薬情報提供料の算定に繋がったケースも多々あり、収支改善にも役立つことが証明されています。


まとめ

服薬期間中のフォローアップは、薬剤師としての役割を拡大し、患者の生活の質を向上させるための重要な手段です。


患者の健康を第一に考え、積極的にフォローアップを行うことで、治療の成功率を高めることができます。


患者の健康を守るために、今日からできることを始めましょう。


調剤薬局向けクラウドツール「あなたの調剤薬局」について詳しく知りたい方は、ぜひ下記の無料資料をダウンロードしてみてください。


▼「あなたの調剤薬局」概要資料 あなたの調剤薬局 概要資料 (yppp.info)


▼「あなたの調剤薬局」主催無料オンラインセミナー 薬局経営者・薬剤師向けオンラインセミナー (yppp.info)


댓글


bottom of page