top of page

薬剤師のメンタルヘルス:ストレスと疲れにどう対処するか

更新日:2023年9月27日


薬剤師の仕事は、専門的な知識と高度な技術が求められるだけでなく、短時間で多くの業務をこなさなければなりません。このような状況が、日々のストレスや疲れを引き起こす可能性があります。


この記事では、ストレスや疲れとどう向き合い、メンタルヘルスを維持するかの方法についてご紹介します。


薬剤師のストレスの原因


ストレスの主な原因は多岐にわたりますが、薬剤師という職業においては以下の点が特に挙げられます。


1. 高い責任感:患者さんの健康に関わる仕事なので当然のことながら責任は重大です。


2. 人間関係:患者さんだけでなく、医療関係者や、事務員、取引先など多くの人と関わるため、コミュニケーションが必要です。


3. 業務量:調剤業務に加え、新薬や厚労省通達などの情報更新、在庫管理、医薬品の発注等、日々こなさなければならない業務が多いです。


コミュニケーションの重要性


また、コミュニケーションはストレス管理において非常に重要です。


服薬指導における患者さんとのコミュニケーションや、薬局内・チーム内でのコミュニケーションが不足すると、ミスの可能性が高まり、それがさらなるストレスを引き起こします。



セルフケアをしよう


ストレス緩和の対策として次のようなセルフケアを行ってみるのも効果的です。


1. 瞑想や深呼吸:一日5分など、短い時間でも考えを無にして心と頭を静める時間を作りましょう。


2. 適度な運動:週に2~3回はウォーキングなどの有酸素運動をすると良いでしょう。また、お風呂上りや就寝前のストレッチも効果的です。


3. 睡眠:疲れを取るためには十分な睡眠が必要です。最低でも6~8時間は睡眠をとるように心掛けましょう。


プロフェッショナルなサポート


日頃のセルフケアだけでなく、状況に応じて専門の心理カウンセリングやストレス管理のプログラムを受けることで、より効果的なストレス対策が可能です。


ストレスで心身のバランスが崩れたり、重症化する前に、医療機関でメンタルヘルスに対するサポートを受けましょう。


ワークライフバランス


昨今ワークライフバランスという言葉がよく聞かれるようになりました。


休日はしっかり休む、趣味や家族との時間を大切にするなど、プライベートの充実が仕事のパフォーマンスにも寄与します。


定時で帰る日を作る、ユニークな休暇制度を導入するなど、柔軟な働き方を模索しましょう。


「あなたの調剤薬局」でのサポート


「あなたの調剤薬局」は薬局専用の業務支援ツールで、薬剤師のみなさまの業務効率化をサポートします。


▼薬局専用の業務支援ツール「あなたの調剤薬局」


処方箋のオンライン受付によって窓口での混雑・クレームを減らしたり、投薬後フォローアップやトレーシングレポート作成などの自動化を可能にすることで、物理的・心理的な負担を減らします。


これらは薬剤師の負担軽減・メンタルヘルスの維持に直結する内容ですが、長期的に見ると離職率の低減や採用コストの軽減、窓口の待ち時間緩和による新規患者の増加など、経営収支改善にも役立ちます。


まとめ


薬剤師として働く上で、責任重大な職業である分ストレスや疲れは避けられないかもしれませんが、その対処方法は多く存在します。


日々のセルフケアなどにくわえ、業務効率化ツールなどを上手く活用することで、メンタルヘルスの維持にも貢献できるため、積極的に取り入れてみましょう。


「あなたの調剤薬局」公式webサイト

Commentaires


bottom of page