top of page

薬局集患強化への鍵!Googleビジネスプロフィールを最大限に活用する方法

突然ですが、昨今のデジタル化の波に乗れていますか?


厚労省は薬局業界のDXを推し進めていますが、まだまだ多くの薬局が発展途上にある状況です。


Googleビジネスプロフィールという便利なサービスは、適切に利用することで、薬局のオンラインプレゼンス、すなわちオンライン上での存在感を大幅に向上させ、顧客とのエンゲージメントを強化することが可能になります。


本記事では、薬局集患×デジタルをテーマにGoogleビジネスプロフィールの重要性とその活用方法について詳しく説明します。



Googleビジネスプロフィールの重要性


Googleビジネスプロフィールは、薬局の認知度と検索エンジン最適化(SEO)に大きく貢献します。


Google検索やGoogleマップにおける露出度が高まり、あなたの薬局を必要としている人々が、より簡単に見つけられるようになります。


さらに、Googleビジネスプロフィールは顧客との関係構築にも役立ちます。


顧客のレビューへの対応、新たに取り扱うことになった商品の紹介やイベントプロモーションのアップデート、Q&Aセクションでの対話などを通じて、直接患者・お客様とコミュニケーションをとることが可能となります。


Googleビジネスプロフィールの基本的な設定方法


まずは、Googleビジネスプロフィールのアカウントを作成しましょう。ここでは、薬局の基本情報(営業時間、住所、連絡先等)を詳細に入力します。


次に、薬局の魅力を伝えるための写真やビデオを追加します。内部の様子や商品、スタッフの写真など、訪れる前に薬局の雰囲気を感じてもらえるようなコンテンツが効果的です。



Googleビジネスプロフィールを活用するためのノウハウ


Googleビジネスプロフィールの力を最大限に引き出すために、以下の点を心掛けましょう。


1.患者からのレビューや評価への対応


寄せられたレビューには必ず返信しましょう。


肯定的な評価には感謝の意を伝え、否定的な評価に対しては問題を解決するためのアクションを提案します。


2. Google投稿の活用


新製品の紹介、特別なプロモーション、イベント情報などを定期的に更新します。


これにより、患者は最新の情報を得ることができ、薬局とのコミュニケーションが活発化します。


3. Google Q&Aの活用


患者が抱く可能性のある質問に事前に答えておくことで、よりスムーズな情報提供が可能となります。


4. Insightsセクションの活用


Googleビジネスプロフィールのパフォーマンスを定期的に確認し、より効果的な戦略を立てるための参考にします。



Googleビジネスプロフィールを活用している薬局の例


調剤薬局チェーンイントロン 小江戸薬局の例


小江戸薬局は、Googleビジネスプロフィールを活用し、オンラインでの露出度を大幅に向上させました。


レビューへの丁寧な対応や、新商品の紹介、Q&Aセクションの活用などにより、患者とのエンゲージメントを強化しました。


結果として、患者からの満足度が向上し、薬局への訪問者数も増加しました。


まとめ


Googleビジネスプロフィールは、みなさまの薬局に大きな機会を提供します。


うまく活用することで、薬局の認知度を向上させると同時に、サービスも強化できます。


しかし、最も重要なのは、これらの活動を継続することです。


情報の更新、レビューへの対応、パフォーマンスの追跡といった作業を定期的に行うことで、より多くの患者がみなさまの薬局を見つけ、利用につながるでしょう。


Googleビジネスプロフィールの活用は、競争の激しいこれからの薬局ビジネスにおいて、より重要な要素となります。


みなさまの薬局でも、ぜひこの機会を活用して、ビジネスの成功につなげてください。


なお、あなたの調剤薬局ではGoogleビジネスプロフィールの使い方を詳しく解説した資料配布も行っております。


無料でダウンロードできますので、ぜひご覧ください。


▼薬局集患のためのLINEとGoogleガイド


bottom of page