top of page

迫るトリプル改定と薬価改定、薬不足。「健康サポート薬局」が今注目される理由とそのメリット

薬局業界は今、大きな変革の時期を迎えています。対物から対人業務へのシフトや法改正に薬価の改定、また来年にはトリプル改定が控え、さらなる転換が予想されます。


法改正により加算へのハードルはますます高まり、薬不足や薬価の低下も追い打ちをかけ、安定した薬局経営を維持するのは容易いことではありません。

健康サポート薬局とは

「健康サポート薬局」の重要性


こうした背景から、「健康サポート薬局」が注目を浴びています。単に処方箋を扱うだけでなく、生活習慣全般にわたる健康相談を提供する「健康サポート薬局」は、患者の健康を総合的にサポートすることで、信頼関係を深化し、顧客単価を向上させることが可能です。


「健康サポート薬局」の認定基準


「健康サポート薬局」になるためには、厚生労働大臣が定めた一定の基準を満たす必要があります。これには、一定以上の経験年数を持つ薬剤師の配置、適切な薬局設備、アクセスしやすい営業時間の設定などが含まれます。また、基準に沿ったサービス提供が実際に行われていることも求められます。


「健康サポート薬局」への取り組み


「健康サポート薬局」への取り組みは、これまでの薬局業態の延長線上にありますが、顧客単価向上の視点からすると、まったく新たな経営戦略とも言えます。未病患者の獲得、適切な商品やサービスの提供、販売方法の最適化など、新たな取り組みが求められます。


未病患者とは


「未病患者」とは、まだ病気にはなっていないが、生活習慣やストレスなどにより健康に問題を抱えている可能性のある人々を指します。未病患者への取り組みは、「健康サポート薬局」の存在価値をより一層高め、顧客単価向上に寄与します。


会話をする患者と薬剤師

商品やサービスの選定


次に重要なのは、どのような商品やサービスを提供するかです。未病患者のニーズに応じた、健康食品、サプリメント、生活関連商品などを選定し、適切なアドバイスとともに提供することが求められます。


販売方法とソリューション


最後に、販売方法とソリューションの活用です。ここでは、ECサイトの活用やデジタルマーケティングの導入など、新たな販売チャネルと戦略の構築が必要です。また、薬剤師と顧客をつなげるデジタルツールの活用など、顧客エンゲージメントの向上に寄与するソリューションも必要となります。


おすすめなのは、日本人の5人に3.5人が既に使っているLINEの活用です。LINEは、無料で始められるコミュニケーションツールですが、物販などの強化だけでなく、処方箋のweb受付や、投薬後フォローアップ、健康相談、情報発信など薬局において重要となる幅広い業務をサポートしてくれます。まだ薬局業務で取り入れていない方は、ぜひLINEを活用してみてください。


LINEを見る未病患者

まとめ


近年の薬価改定や法改正の影響で、薬局経営は難航を強いられています。しかしこのような変化の中でも、新たな可能性は常に生まれ続けます。


「健康サポート薬局」は、薬剤師が提供するサービスの枠を広げ、未病患者という新たなターゲットに対応し、健康食品やサプリメント、生活習慣のアドバイスなど、より包括的な健康サポートを提供することで、顧客単価を上げ、薬局経営の安定化に寄与します。


商品選定、販売方法、そしてLINEをはじめとするソリューションの活用により、薬局が持つ「健康サポート」の機能をより強化し、市場の変化に対応することができます。そして、未病患者をキャプチャし、顧客との深い関係を築くことで、薬局の新たな価値を創造します。


大きな変革期を迎える薬局業界で、どのようにして新たな顧客層を獲得し、顧客単価を上げるか。その答えが、「健康サポート薬局」の概念とその取り組みにあるのかもしれません。今後の薬局経営における新たな戦略として、「健康サポート薬局」への取り組みをぜひ参考にしてみてください。


なお、あなたの調剤薬局では、LINEを活用した薬局の業務効率化や経営・収支改善をサポートしています。気になる方はぜひお気軽にお問い合わせください。


▼薬局経営者・薬剤師向け無料オンラインセミナー


▼お問い合わせはこちら




bottom of page