top of page

2024年度調剤報酬改定の概要まとめ:薬局経営における影響と対策とは?

更新日:6 日前

2024年度の調剤報酬改定は、薬局経営者と薬剤師にとって重要な変更点を数多く含んでいます。この記事では、改定の概要と薬局経営に及ぼす影響、さらには対策について詳しく解説します。


2024年度調剤報酬改定対策

2024年度調剤報酬改定


2024年度の調剤報酬改定では、「賃上げ・働き方改革」と「医療DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進」を中心に、薬局の運営体制に大幅な変更が予定されています。


また、医療と介護もあわせた6年に一度のトリプル改定となり、幅広い分野から注目を集めています。


2024年度改定で変更・新設された項目


対応義務

  • 医薬品取引状況に係る報告の見直し

  • 診療報酬における書面要件の見直し

  • 書面掲示事項のウェブサイトへの掲載

新設

  • 特別調剤基本料

  • 医療情報取得加算

  • 医療DX推進体制整備加算

  • 在宅薬学総合体制加算

  • 在宅移行初期管理料

  • 調剤後薬剤管理指導料

  • 特定薬剤管理指導加算3

廃止

  • 在宅患者調剤加算

  • 嚥下困難者用製剤加算

要件厳格化

  • 調剤基本料

  • 地域支援体制加算

  • 連携強化加算

  • 重複投薬・相互作用等防止加算

要件緩和

  • かかりつけ薬剤師指導料

  • 服薬管理指導料の特例

  • 無菌製剤処理加算

  • 在宅患者訪問薬剤管理指導料

  • 服薬情報等提供料

 

調剤以外

  • 診療情報等連携共有料(歯科)

  • 居宅療養管理指導

見直し事項

  • 長期収載品の保健給付の在り方の見直し

  • 事務手続きの簡素化・効率化

  • 投薬用の容器に関する取扱いの見直し


2024年 調剤報酬改定

2024年度の調剤報酬改定は、薬局経営に大きな変化をもたらします。


経営者と薬剤師は、新しい報酬体系を理解し、効率化とサービス向上の両方に取り組む必要があります。


この改定を機に、薬局・薬剤師として目指すべき方向性を今一度見直し、より質の高い薬局サービスの提供を目指しましょう。


なお各項目の詳しい改定内容は資料にて無料進呈中です。ぜひダウンロードしてみてください。


▼2024年度調剤報酬改定「答申」要点まとめ資料

Comments


bottom of page