​解決できる課題

​服薬期間中のフォローアップ

服薬期間中のフォローアップ、こんなことで悩んでいませんか?

​✅薬剤師の業務負担が大きく、フォローアップまで手が回らない

​✅患者様への電話がなかなか繋がらない。繋がっても嫌な顔をされることも…。

​✅フォローアップの内容を薬局内で共有したい

✅​どんな患者様を対象にフォローアップすべき?

 

✅薬剤師の業務負担が大きく、
フォローアップまで手が回らない

薬剤師の業務負担が大きく、服薬期間中のフォローアップまで満足に行えていないというお悩みはよく耳にします。​あなたの調剤薬局では、薬局のLINEアカウントをお友だち登録してくれた患者様に自動でフォローアップを行ってくれます。レセコンとも連携しているので、個別の設定や操作は不要。

 

患者様は、LINEを通して服薬状況を簡単に伝えることができ、副作用や服薬に不安があった場合は、自動メッセージではなく個別でコミュニケーションが取れる仕組みです。​薬局にとって負担の少ない仕組みで多くの患者様をフォローすることができ、問題が起きた場合は個別にケアすることで、医療事故などを未然に防ぐことができます。​

フォローアップ画像.png
 

✅患者様への電話がなかなか繋がらない。繋がっても嫌な顔をされることも…。

服薬期間中にフォローアップの電話をかけても、患者様とのタイミングが合わずなかなか電話が繋がらなかったり、繋がっても快く対応して頂けなかったり…。多くの方が持つご経験ではないでしょうか。​

あなたの調剤薬局では、電話に変わりLINEやSMS、Eメールなどでもフォローアップが行えます。電話とは異なり、患者様の都合の良いタイミングでメッセージを確認することができるので心理的なストレスが解消されます。​

tools.png
 

✅どんな患者様を対象にフォローアップすべき?

薬剤師に求められる事が増え、業務も多様化している近年。​日々余裕がない中で、服薬期間中のフォローアップではどういった患者様を対象にすべきか迷ってしまう、そんなお悩みもよく耳にします。​

あなたの調剤薬局では患者様が LINEでお友だち登録するだけで、患者様の処方箋に紐づいた内容のメッセージを自動で認識し、送信まで行います。すべての患者様をモニタリングすることで薬剤師が個別フォローの必要な患者様を抽出することができ、対象者について迷うことがなくなります。

 

✅フォローアップの内容を薬局内で共有したい

経験値の差により、患者様へのフォローアップにも差が生まれてしまうことは、どの薬局でもあることです。​

あなたの調剤薬局はLINEで患者様とコミュニケーションを取ったり、チャットの履歴から服薬情報提供を行うことが可能で、万が一の際はチャット内容を薬剤師全員で把握できるので、医療過誤の防止、また教育にも活かすことができます。

 

薬剤師として初めて患者様へフォローする際も、電話ではなく文章として残せることでヒヤリハットの防止にも繋がります。​

pixta_31750423_L.jpg