あなたの調剤薬局 徹底解説!ーLINEで処方箋受付編ー


あなたの調剤薬局には、患者さんの健康サポートと薬局の業績を向上させるノウハウがたくさんつまっています。


既にご導入頂いている店舗では、1年間の処方箋予約件数が前年比で約6.4倍増加。


今回はそのノウハウのひとつ、LINEを活用した処方箋受付について1分で分かる内容にまとめて徹底解説致します。


この記事を読んで、ぜひ業績向上のヒントにしてみてください。

 

(目次) 

・LINEを使うメリット

・薬局でのニーズ

・HOW TO LINEで処方箋受付

・まとめ

 

LINEを使うメリット


みなさんは生活の中でLINEを使われていますか?

おそらく、一度も使ったことがないという方は少ないのではないでしょうか。

現在、日本におけるLINEユーザーは、人口の約7割。

年齢を問わず幅広い世代に頻繁に利用されており、今や日本人の生活において、LINEでのコミュニケーションは切っても切れない関係にあります。

ですがLINEは単にメッセージをやりとりするためだけのツールではありません。

実は多種多様な機能が備わっており、それらをうまく使うことで業務改善や収益アップにも活用できる優れたツールなのです。


では具体的にあなたの調剤薬局でのLINE処方箋受付のメリットや、活用方法をご紹介いたします。

薬局でのニーズ

患者さんが利用するとき、もっとこうだったらいいのに...と思うことの1つに”待ち時間の長さ”があります。

薬局では一日を通して、多大な業務がありますよね。

しかしながら、患者さんもみなさん忙しかったり、病院での診察直後だと具合が悪い中、ぐったりと疲れている方もいるでしょう。 今は新型コロナ感染なども心配です。

そこで役に立つのがLINEでの処方箋受付。



HOW TO LINEで処方箋受付


使い方は簡単です。

まずは患者さんと薬局が、LINE上でお友達になります。

友達登録が完了すると、トーク画面より処方箋受付ができるように設定されているため、

患者さんは手元の処方箋を写真に撮って送信。

最後にいくつかの質問に答えたら、たったこれだけで予約完了です。

薬局には”あなたの調剤薬局”のシステムを通して、通知が届きます。

患者さんは希望日時で受け取ることが可能になったり、

今すぐお薬が欲しい場合は、何分後に行けば受け取れるのかが、LINEを通して分かるようになります。

今までは薬局内で待ち時間として使っていた時間を、休息に充てたり用事を済ませたりと、有効に活用することができるのです。

一方、薬局側は患者さんを目の前で待たせているというプレッシャーもないので、

調剤のお仕事や事務作業も落ち着いて行うことができますし、

来店日時が分かっていれば、業務も効率よく回すことができますよね。

まとめ

この記事では、薬局における処方箋受付業務をLINEで行うメリットについてお伝えしましたが、いかがでしょうか?


“あなたの調剤薬局”には、処方箋受付以外にもLINEと連携したサービスがたくさんあり、 リリース直後から導入薬局様より嬉しいお声を多数頂いております。

現在もより多くの薬局様をご支援できるよう、導入店舗数を日々拡大しながら 新たなサービスの開発やご提案にも取り組んでいます。


大幅な調剤報酬改定で、従来の方法をそのままやっているのでは、勝ち残れない時代となってきました。

この記事を見て、”あなたの調剤薬局”をより詳しく知りたい方、または導入を検討したい方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

患者様から愛され、また時代の変化に負けない薬局へ。


私たちと一緒に目指しましょう。